お得に住宅ローンを組む方法

お得にローンを組む方法

ここでは実際に住宅ローンを組んでみて判った、節約の面からみたローンの組み方、そしてローンを組むための準備を紹介します。

「ローンって銀行に行って融資額を決めて返済期間を設定するだけじゃないの?」という方はぜひ読んで欲しい!

車を購入するマイカー・ローンとはワケが違います。

作者も、実際銀行を3行ほど回って驚くことが多々ありました。
それをご紹介しましょう。

融資額は勝手に決められない!



もちろん最終的な決断は自分で決めるのですが、無責任には決められないということです。

銀行はお金を貸し出すにあたって担保が必要になります。
万が一借金が返せなくなったときのための債務保証ですね。

住宅ローンの場合は、当然ですが土地と建物が担保になります。

ですから銀行としては、あなたが購入しようとしている土地・建物の合計した価値を計り、担保として有効かどうか判断するわけです。
ですから借り主が「いくら貸してくれ」と言っても、ホイホイと貸してくれる金額は希望通りではなく、銀行から「これぐらいなら貸せます」という一定のレベルもあるわけです。

という事からローンの審査を受ける前に必ず土地の価格表示と建物の見積もりが必要なわけですね。

しかし心配することなかれあまりに無謀な借金でなければ、たいがい合格します。
というか、銀行も貸す事で儲かってるわけですから、ぜひ借りて欲しのです。

だから「これぐらいの金額をこれぐらいの期間で返済というのはいかがですか?」などと、合格できるように指導してくれますよ。

また、それぐらいやってくれる銀行でないと長い返済期間、うまくつき合っていけません。

逆にこれはダメってのが「引っ越しのついでに、車も欲しいな」なんて住宅ローンの中に、車の購入費を上乗せしたり、見積もりだけ豪華な家にして「たくさん借りて、家具でも買おうか」なんていうケース。

こんな事をすると、銀行に指摘されて不合格になってしまうわけですよね。
そういう事さえなければ、ほぼ大丈夫なはずです。(無謀な借金を除く)

住宅ローンに必要な経費

なんと、驚いたことに借金をするのに、経費がかかります!
僕がいちばん驚いたのがこれです!

金が無いから借金するのに、まだ金を貸す前から金を払えと言うんですよ、銀行は!

さらに驚いた事に、どの銀行も同じ要求をするのですが、金額にはかなりバラツキがありま
す。

率直に言って、こういった諸経費のたぐいは高いところと安いところの差がかなりあります。
これは、住宅ローンのチラシなどには書いていないことなので、絶対に注意してください。

以下に諸経費の例を書きました。

火災保険 火災保険 銀行によっては地震保険も要求されます。
団体信用生命保険 もし、借り主が亡くなった時に残された奥さんや子供に
借金が残らないようにする保険です。
保証金 文字通り借金の保証金です。
担保(家・土地があるのにさらに現金も要求されます)



保険金

銀行は、借主が借金を返せなくなった時のための担保として、住宅の抵当権を持っています。
その住宅が火災で無くなってしまったら、本人は借金を返せなくなるし、銀行は担保を失うし、大損害です。
ですから、万が一のために火災保険をかけなければいけません。

火災保険保険会社によって掛け金が違いますから当然違いますよね。
その保険会社を選べる銀行もあれば、「この保険会社でないと困ります」という銀行もあります。

うちが契約した火災保険なんて、壁の厚さでかなり金額が違いましたよ。

それこそ建築費の節約で薄くしようとしたら危うく掛け金が跳ね上がるところでした。
なんでもケチれば節約になるってもんじゃない一つの例ですね。( ̄_ ̄i)タラー

団体信用生命保険は、生命保険のようなもので、万が一借主が亡くなった時には、借金が残らないようにする保険です。
もし借金を返すための収入がなくなっても、家族が困らないように、とか、銀行が困らないように、という意味があります。

というところで、保険は判りやすいですね。

保証金

微妙なのが保証金です。

これは実際に銀行に行って交渉してみなければ判らないのですが、大ざっぱに説明すると、
頭金が多いと少なくなり、頭金が少ないと高くなる傾向にあります。

いいですか、ここは節約に直結するところなので、良く読んでくださいね。\(*^0^)ゞ

まず頭金とは?という話からです。

土地・建物、これにかかる雑費の合計・・・これが全体の経費です。

銀行は、この数字は把握しているわけです。

ですから、融資額が、経費より低ければ、この差額は頭金(現金で払う分)という事になりま
す。

全体の経費-融資額=頭金

という計算が成り立つわけです。
銀行は建物の見積もり、土地の売買契約書などから、全体の経費を知っています。
ということは、融資が幾らかによって、頭金がどれぐらいあるか推し量ることができます。

なぜ、銀行は頭金を知りたがるのか?

銀行は、融資の額と金利さえ決めていればOKでないの?

頭金の多い、少ないは、銀行に関係ない話ではないの?・・って思いますよねぇ。

実は、頭金の額から銀行は、借り主の返済能力を測るんです。

頭金が多い場合は、「この借り主は安全だ」という判断になり、頭金が少ない場合は、「この借り主は要注意」という判断になります。

ですから、銀行としてはリスク対してお金を引き受けるわけですから、要注意人物には多額の保証金をもらうわけですね。

住宅ローンの仕組みが判ったところで
実際にお得にローンを組む方法を伝授




投稿日:

執筆者: