マイホームで節約

もし、あなたがアパートやマンションを借りているなら、月々に出費する固定費の中で大きいのは家賃ではないでしょうか?

私もアパートに住んでいたので、家賃や2台分の駐車場などでかなりの出費がありました。

部屋代と駐車料併せて月々7万円強・・・これを7年以上払ってましたから、けっこうな出費です。

そして引っ越してしまえばなにも残らないんですよね。

これはやっぱりもったいない。

マイホームを持てば節約になるのか?

もちろん、家族構成や車の保有台数などにも関係しますが、私の場合、結論としてマイホームの方が得でした。

ローンの組み方にもよりますが、月々の支払は大差なく、ボーナス分の支払が増えたので、まぁ、年に2回の贅沢ができなくなったぐらいです。

その代わり手に入れた快適さは比較になりません。

損得は30年ベースで考えてみましょう。

今の家賃と、駐車場代を払っているならば、まずは30年分の支払総額を考えます。

私の場合は、7万円×12ヶ月×30年ですから、2,520万円です。
これだけあったら、けっこうなマイホームができそうではありませんか?

そして、30年後には資産ができますし、仕事を引退しても家賃の心配がありません。
なんとなく、マイホームを持ったほうが得なような気がしませんか?

もちろん、引越しがないのが前提ですよ。

今、マイホームが得な理由

  • 超低金利!
    日銀のマイナス金利のおかげで、長期のローンも超低金利です。
    楽天銀行   のフラット35など、最低金利は、0.71%(2017年4月現在)ですよ。ちょっと前までは、固定金利だと1%も切れなかったんですけど、すごい下がりようです。借りなきゃ損ですよ、これは。
  • 不動産価格の下落
    長期に渡って続いているデフレの影響で不動産価格の下落が続いています。
    政府のインフレ政策の効果で”底を打った”と言われてはいますが、まだまだ低水準です。
    さらに、これから景気が上向くと不動産価格が上昇してくる可能性があります。
    不動産買うなら早めが得ですよ。
  • マンションが乱立、空室が目立つ状態
    最近日本中でマンションが次々に建設されています。
    日本の人口は減っているのに何故?
    実は、これ税金対策や老後の安定収入のための対策なんです。
    需要がある間は良いのですが、マンションやアパートはそろそろ飽和の状態になっているのでは?と政府が規制を始めました。
    乱立のおかげで値ごろな物件がゴロゴロ存在します。
    インフレになって価格が上昇する前に購入するべきでしょう。

実は中古物件がさらにお得

不動産や建築、銀行関係の知り合いに聞いてみると、ほとんどの方が”一番得なのは中古の戸建て住宅”と言います。

マンションは立地が良ければ、資産として残りますし、賃貸としても活用できますが、立地が悪いと、古くなって価値が下がり維持費が上昇、さらに借り手もいないという状況になってしまいます。




もちろん、戸建ての場合も古くなってくるのですが、こちらは土地が残ります。

土地は何年たっても腐りません。

いよいよになれば更地にして売却できるという意味では、かなり安心できます。

そして、家の部分(上物)は、買った直後からグングン値を下げます。

年数が経つにつれ、下がり方が緩やかになりますから、ある程度、価格が下がった中古物件はとてもお得だということになります。

プロは、まぁ、こういう考え方をするわけですね。