4年前のアメリカ大統領選挙を振り返る

投稿日:

いよいよ11月3日にアメリカ大統領選挙が近づいてきた。
なんと、あれよあれよと、来週だ。

大統領選挙と言えば、4年前、トランプVSヒラリーの時の相場を忘れられない。

右端の急落とその次の日の急騰が大統領選挙の結果発表当日と翌日の動きだ。

ヒラリー優勢で株価上昇・・・しかし

ごらんのように、大統領選挙当日までは、上げ下げを繰り返しながらも右肩上がりだった。

ヒラリー優勢で、当選が確定すれば大きく株価は上昇する!

とアメリカのみならず、全世界が期待していた。

期待外れで、トランプ当選・・・しかし

個人的な話になるが、こういった大きなイベントがあると、株価も大きく動くので、それなりに保険をかける。

当時は、”大きく下げたら損切り”の逆指値を入れて選挙結果を待った。

そして当日、「トランプ当選」が伝わると、予想通り株価は急落した。

いわゆる「トランプ・ショック」だ。

この結果を受けて、設定しておいた逆指値の注文が次々に発効!
ほぼ全てのポジションを失い、大きな損だけが残った。

翌日、まさかの急騰!

ところが落胆はこれだけで終わらない。

翌日の相場は前日の流れとうって変わって反転急騰した。
しかもその後、コロナの影響が出るまで長く上昇してきた、いわゆる「トランプ・ラリー」が始まった!

この時の同様は、トランプ・ショック以上だった。

ほぼ、ポジションを失っている状態で昨日より高値を付けている銘柄が続出した。

もう、目が点というか、呆然というか・・・。どうして良いかわからなかったんだな。

損切りした分の現金はあったが動けず

大きく損失を出したと言っても、ポジションを整理したのだから、それなりの現金はあった。
しかし、翌日、買いに動けなかったんだよね・・・残念ながら。

なぜかと言うと、前日の急落を見ているから。

急騰前に売らされといて、高掴みは絶対に避けたいと思うよ、普通。
急落を警戒するのは当たり前だ。

結局、再び急落するのが恐くて1ヶ月ほど模様眺め。

「トランプ・ラリー」は本物だと思うまで1ヶ月ぐらいかかった。
それくらい大きなショックだったな。

さぁ、4年後の今回の大統領選挙、どうする?

もう、前回の相場で懲りているので、逆指値だけはやらない。

大きく動いても一時的なものになる可能性の方が高いと思う。

ただ、トレンドが出たと確信するまでは、容易に手を出さない(買いも売りも)ようにしたいと思う。

とても素人が太刀打ちできるような早さではないと身に染みたからね。

多分、秒単位で相場を追わないと利益は出ないだろう。

さて、地道にポジションを減らしておくかな。

稼ぎたい方はどうぞ!

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

日本市場は底を打ったかに見えたが・・・

7月に入ってから、上昇トレンドに変わったかな?と思いきや、またまた乱高下を始めた日経平均。 こりゃ、またしばらくサラリーマン投資家には試練の日々が続きそうだね。 なんども折り返しているので、底堅い雰囲 …

連敗!

先週は、前半で、みずほFG,イオン、コメダ、エイベックスと、立て続けに利益確定。 中でもミズホFGとイオンは、短期間でそれなりの利益が出たので満足していたんだけど・・・・。 なんと、全銘柄、売却した後 …

ここでめげない!

今朝の状況は、NY↑、NASDAQ↑、CME↑、ドル↑、原油先物↑、先物(夜間)↑、と、言う事で、間違いなく、日経平均は上げてくるだろう。 NYダウ 個人的には、今日で一服ということで、少しポジション …

日経平均は不安定な動きが続きそう・・・。

荒れる日本市場 日経平均は上げ下げが激しいね。 とてもサラリーマン投資家では、このスピードに対応できない。 毎日どころか、毎分のように株価をチェックしないとトレンドの変化を見落としそうだよね。 今朝は …

下落相場はいつ終わるか?

個人投資家の皆様におかれましては、先週の下落相場で痛い目に逢われた方も多いでしょう。 今回の下落、「米金利上昇ショック」って言われてるらしいね。 いやぁ、参りましたねぇ。 チャートを見ると、8月の22 …




    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。