エコノミストのコメントをどこまで信用するのか?

投稿日:2019年8月17日 更新日:

ゴールデンウィーク以降、中・長期的な運用を見直して短期で小さく利益確定を出す。
さらに空売りも積極的に使ってみる。

こういう考え方に変更してから、買ったり負けたりは当然あるけど、少しずつ資産が増えてきた。

特に、空売りがうまくハマって来たのが嬉しい。

ということで、エコノミストのコメントだが・・・。

日本市場は、大方の見方では、2018年の12月が底で、そこから3月の期末ぐらいまでは、低迷するだろう・・・。

2019年は後半盛り返し、2020年は、日経平均はリーマンショック以来の高値を更新する・・・・。

まぁ、こんなところだろうね。

そうなってるか?

2018年12月が底のように見えるが、2019年の後半は、さらに値を下げて、昨年の最安値に近づいているのが現状だ。

エコノミストは”今は、日本株が低迷している時期なので、株価が下げた時が仕込み時、ただし、世界情勢には十分注意”なんてコメントで締めくくるわけだ。

これだと、トランプのコメントのおかげで、一時的に株価が下がっても、2020年には盛り返すから買っておけ!と聞こえるんだよね。

これって、押し目を狙え!下がってもナンピンしろ!って事か?

で、これを間に受けてしまったのが、みずほFG(8411)だ。

下がっては買い増し、下がっては買い増しで、どんどん含み損が積み重なってしまった。

逆に、テクニカル重視の空売りの方が、少しだけど、確実に利益が出ている。

どういう事かな?これは・・・

まぁ、この事についてのコメントは差し控えるか・・・。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

勝負が裏目に出たか?

うーん、やっぱり儲けるのは難しいなぁ。 これで利益を出している人がいるんだからスゴイよねぇ・・。 と、グチを言っても仕方ないんだけど、やっぱ昨日の”買い”のタイミングはマズかった。 ”ここは上値を追う …

株取引はコテンパンだ!

いや、今年の年末は、マジでコテンパンにやられた! 今年12月になるまでは、今年の含み益は10万円を越えていた。 新日本建物で10万円、アミューズで7万円、イオンで3万円などの利益確定が大きかった一方、 …

日本市場は底を打ったかに見えたが・・・

7月に入ってから、上昇トレンドに変わったかな?と思いきや、またまた乱高下を始めた日経平均。 こりゃ、またしばらくサラリーマン投資家には試練の日々が続きそうだね。 なんども折り返しているので、底堅い雰囲 …

no image

本日、8月の権利付き最終日

今日は、大好きな外食系や小売の銘柄が多い権利付き最終日だ。 狙いは、イオン、ビックカメラ、吉野家、コメダの4銘柄だ。 これまでコツコツと買ってきた信用買いを全て売り戻すのと、明日の権利落ちに備えて信用 …

日本市場 トレンド転換か?

日本列島、梅雨明け宣言とともに、トレンド転換の兆しが見えたか? 本日の指標は、 NYダウ↑、ナスダック↑、CME225↑、ドル/円↑と好条件。 昨日は、264円と大きく上げているので、連騰の可能性が大 …




    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。